メニュー

CSRの取り組み

富士車輌では、企業の社会的責任を果たし、様々なステークホルダーから信頼される企業であり続けるため、
CSR、コンプライアンスに関する取り組みを実施しております。

法令等の遵守については、役職員を対象に定期的にコンプライアンス研修を実施し、
コンプライアンス意識の向上に継続的に努めております。
特に遵守すべき基本的事項は、『富士車輌株式会社行動基準』として明文化し徹底を図っております。

お客様に対する製品やサービスについては、安全性の基準の遵守はもとより、
リスクマネジメントの一環として、過去に発生した問題の再発防止に関する取組みを継続して実施しております。

また、情報資産管理については、『電子情報セキュリティ規程』を定め、情報資産リスク評価を行った上で、
お客様情報や社内情報について、社内のモニタリングシステムによって監視等を行う等厳格な管理を行っております。

加えて、地域社会と連携については、本社・本社工場において近隣の清掃活動への参加、
大規模災害時の避難先としての自治体を含む協力体制の整備を行う等、
地域社会の一員としての活動を行っております。

富士車輌株式会社
代表取締役社長 上川 毅

富士車輌株式会社 行動基準

本基準は、富士車輌株式会社で働くすべての人の行動の規範として制定したものであり、必ず遵守すべき事項を提示したものである。
また本基準は規定でもあり、本基準への違反行為は就業規則及び労働協約における懲戒に値するものである。

<総則>

法令を遵守することはもとより、社会規範を尊重し、良識ある行動を心掛ける。
また会社によって決められた諸規則やルールについても遵守する。

  • (1)国内外の法令を遵守する。
  • (2)会社の定めた諸規則やルール(ISO、OHSASに定めるマネジメントシステムも含む)を遵守する。
  • (3)当社に求められる企業倫理を十分に認識し、社会人としての良識と責任を持って行動する。

遵守すべき事項について、下記の各項目について規定しております。

社会との関係
  • 1.各種業法の遵守
  • 2.寄付行為・政治献金等
  • 3.反社会的勢力との関係断絶
  • 4.環境保全・環境保護
  • 5.安全保障・貿易管理
  • 6.輸入
顧客・取引先・競争先との関係
  • 1.品質と安全性
  • 2.独占禁止法の遵守
  • 3.購入先との適正取引、下請法の遵守
  • 4.不正競争の防止
  • 5.接待・贈答
  • 6.適正な広告・宣伝
株主・投資家との関係
  • 1.経営情報の開示
  • 2.インサイダー取引の禁止
社内関係
  • 1.人権尊重・差別禁止
  • 2.セクシャルハラスメント
  • 3.プライバシーの保護
  • 4.労働関係法の遵守
会社・会社財産関係
  • 1.就業規則の遵守
  • 2.適正な会計処理
  • 3.利益相反の禁止
  • 4.政治・宗教活動の禁止
  • 5.情報管理
  • 6.会社資産の適切な使用
  • 7.情報システムの適切な使用
  • 8.知的財産の保護

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2016 Fuji Car Manufacturing Co., Ltd. All Rights Reserved.